包茎手術をする際に気になるのはやはり痛みの問題でしょう。
勿論のこと麻酔を使って手術をしてくれるのですが、その麻酔を行うのにも痛みが伴うんじゃないのと考える人は多いはずです。
そこで包茎手術における痛みについて、詳しく調べてみました。

包茎手術における麻酔はどうなっているの?

包茎治療を行うクリニックの多くが2段階麻酔を採用しています。

基本的に包茎手術は当日に帰宅できるものですので、全身麻酔を行うことはありません。

手術を行うことになる陰茎にのみ麻酔をかける部分麻酔が主流です。
クリニックによっては全身麻酔をしてくれるところもあるようですが、原則として部分麻酔だと考えて良いでしょう。

部分麻酔も考えられている

この部分麻酔ですが、その麻酔をするための注射が痛いのではと思うのは間違ったことではありません。
そのために2段階麻酔といって、最初に陰茎の表面部分に麻酔をかけるようにしています。

ジェルタイプのものやスプレーなどを使って一時的に麻酔をし、その間に注射で麻酔をするのが一般的です。

この2段階麻酔によって手術前、手術中の痛みを感じることはほとんどなくなりました。

麻酔のための麻酔が使われるので、手術中の痛みについてはそこまで気にする必要はないでしょう。

手術後の痛みについてはどうなの?

手術後についても麻酔がきいている間は痛みを感じることはありません。
ただ、帰宅中に麻酔が切れるということが多いそうで、手術をしている箇所が痛むことはあります。

メスを使って包皮を切除しているのですから当然と言えば当然かもしれません。
この痛みの出方についても個人差が大きいようです。

術後当日~数日間は痛みがある事も

手術後にはクリニックから痛み止めの処方があるはずですので、痛みを感じるのならそれを服用する形で対応してください。
一般的には痛み止めの効果の範囲内で痛みがおさまるようですが、中には痛み止めがきかないケースもあるそうです。

この場合は、すぐにでも手術をした病院に連絡をして、アフターケアを受けるようにしましょう。
切除した部分の傷が塞がるのにつれて、痛みそのものはなくなっていくはずです。

術後のアフターケアについても指導を受けるはずですが、ここで疎かにしてしまいますと感染症の危険もあります。
痛みがあるのはある程度は仕方がないことだとして、感染症が起こらないようにしっかりケアをすべきです。

包茎であったことによる痛みはなれるしかない?

重度の仮性包茎や真性包茎の人ですと、これまでは包皮に亀頭が守られていた状態となっています。
この場合、包茎手術によって露出した亀頭の表皮は粘膜になっていることが多いのです。

そのためかなり刺激に敏感であり、空気に触れるだけでも痛みを感じてしまうことがあります。
勿論、手術後にはガーゼなどをあてて保護する期間があるのですが、それでも亀頭が受ける刺激が痛みに感じることが多いようです。

亀頭そのものも刺激にさらされることで表皮の粘膜部分が徐々にふつうの皮膚へと変化していきますので、この痛みもなくなっていきます。

数日もかからず痛みはなくなる事がほとんど

個人差もあるのですが、およそ数日程度で大きな痛みを感じることはなくなるでしょう。
この刺激による痛みは包茎治療が成功した証でもありますので、甘んじて受けるしかありません。

ここで不必要に保護をしてしまいますと、いつまで経っても包茎手術をした意味がなくなってしまいますので、我慢してください。

段階に分けた麻酔法

先述したように一般的な包茎治療においては2段階麻酔が行われています。
この2段階麻酔では不安だという患者さんも多くいるのです。

歯科医などで麻酔の経験をされた人ならおわかりかもしれませんが、麻酔注射をする前に麻酔をしても痛みがある場合があります。
それと同じことが包茎手術でも起こるのではと危ぶんでしまうのです。

4段階麻酔もある?

そこで注目したいのが一部のクリニックで採用している4段階麻酔です。
スプレー式の麻酔をペニスに吹きかけ、その後に冷却して麻痺させる麻酔をし、最後に注射をするという方法があります。

注射麻酔の後にも神経ブロックを行うことで手術前にも手術中にも痛みを完全になくすことができるというものです。
4つの段階に分けて麻酔を行いますので痛みそのものがほぼなくなりますし、手術後についても軽減されるといって良いでしょう。

専門クリニックしか行っていない

ただし、この4段階麻酔を行うには麻酔に対する高度な知識が求められますので、すべてのクリニックで採用していないのです。
自分は痛みに弱いという自覚がある場合は、この4段階麻酔を行っているクリニックで手術を受けると良いかもしれません。

包茎手術における麻酔については、基本的に2段階麻酔といって麻酔をするための麻酔が行われますので、痛みを感じることはほとんどありません。
それでも気になるのなら4段階麻酔を行うようにしてください。

手術後については包皮を切除しているので、どうしても痛みは出てしまいますが、痛み止めを処方されますので服用しておくと良いでしょう。
どうしても痛みが止まらない場合は手術をしたクリニックに連絡をしてください。