包茎手術を受けることになる男性はどのような気持ちでいるのでしょうか。

手術を受けることで変化する部分も含めて、包茎手術に求められるものを考えてみました。

包茎であることを悩みにしている男性ばかりではありませんが、心境の変化などを知っておくことで自分の悩みに役立てることができるかもしれません。

包茎であることの悩みについて

日本では包茎であることで悩んでいる男性も少なくありません。
そもそも日本人男性の7割は包茎だそうなのですが、公衆浴場などで周りをみるとむけている人の方が多くいます。

そうしたことから自分の性器に対してコンプレックスを感じる人も多く、なかなか人前では裸になれないとなるようです。

これは男性に対してだけではなく、女性に対しても同じことが言えます。
包茎に対してネガティブなイメージが強いと、相手もまた同じように思っていると考えてしまうのです。

結果、女性に対して消極的になってしまい、性交渉をするだけではなく交際することも避けてしまうようになります。

悩み度が深いと勃起不全になるケースも?

あまりにも包茎であることを強く悩んでいるケースですと、勃起不全を起こしてしまうこともあるようです。
男性の性機能はメンタル部分と直結することも多く、非常に繊細なものでもあります。

あまり気にはしていなかったとしても、過去に付き合った女性から包茎であることを指摘されてコンプレックスになるケースもあるくらいです。
すべての男性がそうであるとは言えませんが、男性にとっては強いコンプレックスになってしまうものでもあると理解してください。

包茎手術を受けたいと願う男性の心理は?

先述のように包茎であることは男性にとって大きなコンプレックスになりえる要素です。
特に真性包茎や仮性包茎でも重度の人ですと、その悩みというのはかなり深いものになるでしょう。

そうした男性にとって一縷の望みとなるのが包茎手術でもあるのです。

包茎手術を受けることによって、自分自身の悩みが解消されるともなれば手術を受けたいと考えても不思議ではないでしょう。
包茎を治療するための器具などもありますが、医学的な根拠がないものも多く、必ずしも効果が出るとは限りません。

やはり手術しかない!という結論に

であるならば確実に効果が出るであろう包茎手術を選択することに、疑問の余地はなくなります。
近年では包茎手術を行うことのデメリットを指摘するケースも増えてきましたが、それでも精神的な面で解決できるのは手術しかありません。

無論、手術が推奨される包茎もあるのですが、悩みを解決する意味での治療はかなり大きな意味を持っています。

包茎手術をすることで心境に変化はある?

では、手術をした後の心境にはどのような変化があるのでしょうか。
やはり最も大きいのはコンプレックスが解消できたという思いです。

長年悩み続けてきた包茎そのものが解消できたのですから、心境の変化は大きなものがあります。

実際に包茎手術を受けた方のページはこちらも掲載しています。
→包茎手術を受けた方の体験談と心境のページ

女性に対して積極的になれるようになったと前向きに精神的な変化を起こすことが多いようです。

EDが改善するケースも

また、包茎が原因でEDを発症しているケースですと、EDそのものも解消できる可能性が高いでしょう。

悩みのタネであったことが解決するというのは、それだけ心境の変化にも大きな影響を与えるものだと考えてください。
海外ではナチュラルペニスといって包茎であることが自然だとする風潮があり、日本のように仮性包茎の人が手術を受けることはありません。

しかし、日本では包茎にネガティブなイメージがあるのですから、海外と同じように扱うわけにはいきません。
手術後にポジティブな変化を見せるのであれば、包茎手術には大きな意味があるのではないでしょうか。

包茎手術を受けるべき人とは?

こうした心境の変化を踏まえると、包茎であることに強いコンプレックスを抱いている人は手術を受けるべきでしょう。
反対に包茎であってもそれを受け入れているのであれば、無理に手術を行う必要はありません。

手術をすることがプラスに働くかどうか、これが包茎手術を受けるべき人とそうでない人の分かれ目だと言えます。

ただし、真性包茎の場合は包茎であることのデメリットも多いので、治療をするのにこしたことはありません。

最近は切らない包茎手術も

最近では真性包茎でも切除しない治療が選択できますので、その点を考慮してみてください。
カントン包茎の場合は陰茎が壊死する可能性があるので、手術を行わないという選択の余地はありません。

包茎手術は男性にとって大きな転機になるかもしれないものですので、手術をする必要があるかどうかはじっくりと判断して決めるべきです。
一時の感情で先走ってしまうと、後悔する可能性もあるので慎重に決めるようにしてください。

包茎である男性の心境はやはり大きな悩みになっていることが多いです。
この場合、悩みを解消できるということに意味がありますので、包茎手術が無駄になることはありません。
術後に前向きになれるという男性も多いので、精神面のケアを考えれば手術をすることでプラスに働いていると言えます。