EDと包茎手術

包茎手術を行うことでEDになる可能性があります。

EDとは勃起不全のことで、性交渉を行う時に勃起しないなどの不具合が起きてしまうことを指します。

男性にとってEDは包茎と同じくらい大きな悩みとなってしまうものですので、包茎手術の何が原因でEDが起こるのか、その対策法はあるのかをしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

包茎手術には多くのメリットがあるものですが、同時にデメリットが存在するものでもありますので、あとになってから知らなかったではすまない話もあるのです。

包茎手術のなにが原因でEDが起こるの?

EDと一口にいっても大きくは2つのタイプに分けることができます。

1つは機能的に勃起しなくなってしまうというもので、勃起をするための神経などに傷がついてしまうことで、物理的に勃起できなるケースです。
この機能不全によるEDは主に事故による怪我や病気などが原因となるものですので、包茎手術が原因になることは少ないでしょう。
高齢の包茎手術が関係する場合は、こちらに掲載しています。→高年齢に起こる包茎事情

ただ、広義の意味で機能不全を起こしてしまう可能性があるのです。
それは包茎手術に失敗したというパターンが該当します。

包茎手術に失敗して起こるパターン

包茎手術は大雑把にお伝えすると、余っている包皮を切除するものです。
この時に包皮を切除しすぎてしまうと、平常時には何もなかったとしても勃起をした時に突っ張ってしまうことがあります。

つまり、包皮を切りすぎてしまったことで、ペニスが膨張した時の長さが不足してしまうパターンです。

勃起をすると突っ張る感覚があるというだけであれば、EDにまではならないかもしれません。

が、感じ方には個人差があり、痛みにまでなってしまうことがあるのです。
結果、性交渉をすることそのものがイヤになり、EDになるというケースがあります。

包茎手術による精神的なEDがとは?

EDになるもう1つの原因が心因性と呼ばれるものです。

心因性とはその名の通りに精神的な問題で勃起しなくなるというパターンになります。
一般的にはストレスが蓄積したり、抑うつ状態になることで起こることが多いそうです。

男性は性交渉を行うのに意外と繊細な部分があり、包茎手術によって起こるEDになるは心因性のものが少なくありません。
先述の例としてあげたものも、包皮が突っ張ることが嫌でEDになるという形ですので、広義としては心因性のものと言えるでしょう。

包茎手術が原因となって起こるEDではもう1つ代表的なパターンがあります。
それは包茎手術後の見た目が自分の思うようにいかなかったケースです。

明らかに手術をしたことが分かるような痕が残っている、包皮の色が異なるツートンカラーになってしまうなどが代表的でしょうか。
包茎であった時よりも自分のペニスにコンプレックスができてしまい、パートナーであっても見せるのをためらってしまうようになります。

そのまま性交渉そのものに嫌気がさしてしまい、EDを発症してしまうそうです。

もし包茎手術が原因でEDを発症してしまったら?

包茎手術を行うことでEDを発症してしまった場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。
包皮を切除しすぎてしまった、手術痕がはっきりと残ってしまったなど多くのケースが代表的ですが、他にも理由となるものがあるはずです。

そうした場合は、ともかくEDになった原因を排除してしまうことが解決への第一歩になります。
包茎治療を行っているクリニックの中には修正手術といって、手術痕などを目立ちにくくする手術を行っているところがあるのです。

包茎クリニックに相談するのもOK

こうしたクリニックで相談をしてみるのも1つの方法でしょう。
修正手術を受けることでコンプレックスの原因そのものを取り除くことができますので、EDを解決することにもつながります。
包皮を切除しすぎた場合などは難しい部分もあるのですが、こちらも修正手術をしているクリニックで相談をしてみてください。

もう手術をしてしまったのだからと開き直ってしまう人も少なくありません。
女性側も包茎手術をしたことなど気にしない人も多いので、パートナーに相談をしてみるのも方法の1つでしょう。

ただ、確実にコンプレックスを消したいのなら修正手術を受けることをお勧めしておきます。
→包茎手術体験談も参考にしてください

包茎手術によるEDになるのを避けるには?

では、これから包茎手術を受けようと考えている人が、EDになるのを避けるにはどうすれば良いのかを考えてみましょう。

結論としては1つに手術後の見た目を気にしすぎないことがあります。

包皮を切除しすぎてしまう要因の1つに、平常時でも亀頭が露出するようにしたいという患者側の希望があり、手術そのものは成功していても結果として包皮が足りなくなるのです。
包皮の切除をしすぎないという点を考えれば、平常時には包皮が少しくらいは亀頭に被っているような状況を想定しておくと良いでしょう。

いわゆる仮性包茎に該当するのですが、勃起をすれば亀頭が露出するのなら大きな問題はありません。
必要以上に見た目にこだわってしまうと、かえってEDという問題が起こるリスクが高くなるのです。

手術痕が残っているなどについても、同じことが言えます。
切除する手術の場合、どうしても痕が残ってしまうものですので、ある程度は割り切らないといけない部分もあるのです。