「基本情報」の記事一覧

はたして包茎手術は受けるべきなのでしょうか。

男性にとって包茎は大きな悩みの1つではありますが、無理をしても手術を受けるべきかで不安を感じる人も多くいるはずです。

そこで包茎手術をすべきかどうか、メリットとデメリットを比較してみましょう。

包茎手術のメリットを考えてみよう

包茎手術を行うことのメリットですが、最も大きいのはコンプレックスを解消できるという点でしょう。
包茎であることを気にしてしまって、女性に対して積極的になれないという男性は少なくありません。

トラウマからの脱却

また、女性とおつきあいをしていたものの包茎だとちょっとと言われたことが、トラウマになってしまうケースもあるようです。
こうした男性にとっては包茎を手術で治療することは大きな意味があるのではないでしょうか。

精神的な面からEDの症状を発症してしまうこともありますので、包茎手術をすることで改善できるならそれもメリットになります。
対女性だけではなく、男性同士であっても銭湯などの公衆浴場で他人の目を気にせずに入浴できるようになるなども含められるでしょう。

衛生面で劇的に変わる

また、包茎手術をすることで物理的な部分でもメリットが出てきます。

亀頭が露出した状態になりますので、衛生面でかなり改善が見られるはずです。
亀頭が常時露出することで下着にこすれ、刺激に強くなることで早漏が改善されるという考えもあります。

包茎治療のデメリットはあるの?

メリットをあげてみましたので、反対にデメリットも考えましょう。

やっぱり手術は怖い?

包茎手術のデメリットとして大きいのは、手術が失敗するリスクです。
包茎手術そのものはあまり難しい手術ではないそうなのですが、一部の美容外科などでは高度な技術が要される手術をしています。
見た目を重視した手術をするからこそなのですが、未熟な医師が行ってしまうと神経の接続が上手くいかない、切除する包皮のバランスが悪いなどのミスを犯すリスクがあるのです。

この場合、見た目が悪くなるのもそうですが、感度が低下したり、別の病気を引き起こすかもしれません。
包茎手術は一生に一度しか受けないようなものですので、失敗のリスクがあるのは大きなデメリットでしょう。
勿論、多くの美容外科では失敗のリスクがないように万全の体勢で手術を行っています。

包茎手術を行うと元には戻せない

もう1つデメリットとしては切除してしまうと、元には戻らないという点です。
これは軽度の仮性包茎の人などに該当するのでしょうが、包茎手術をしてしまいますと元には戻せません。
やっぱり亀頭が露出していなくてもいいやと思ったとしても、手術後ですとどうにもならないのです。
欧米ではこうした考えを持つ人も多く、包皮の再生手術な
どを行うこともあるようですが、なかなか上手くはいかないと言われています。

メリットデメリットではなく手術をしないといけない包茎

包茎手術は受けるべきなのかということなのですが、メリットとデメリットを考えるまでも治療すべき包茎があります。

最も危険なカントン包茎

最も緊急性があるのはカントン包茎でしょう。

カントン包茎では亀頭が包皮に締め付けられる状態になるため、そのまま放置をしていると細胞が死んでしまうのです。

亀頭部分が壊死してしまうと、陰茎そのものも壊死していくので、最悪のケースでは切除しなくてはならなくなります。

つまり、男性としてのシンボルがなくなる状態となるので、カントン包茎になったのなら直ぐにでも手術をしてください。

また、緊急性はありませんが仮性包茎でも重度の症状で、包皮をむく時に違和感がある、ひっかかって痛みを感じるというケースがあります。
この場合もカントン包茎に移行する危険性がありますので、手術を受けた方が良いでしょう。

真性包茎も絶対に手術すべき

もう1つ真性包茎についても手術は受けておくべきです。

真性包茎の場合は包皮炎などのように他の疾患を引き起こすリスクが高く、性交渉にも不具合が出る可能性が高いからです。

また、真性包茎ですとコンプレックスを抱えている男性も多いでしょうから、そうした点でも手術はすべきでしょう。
仮性包茎でも軽度や中度の人なら、特に手術を受ける必要はありません。
メリットとデメリットを踏まえた上でしっかりと考えると良いです。

最終的に包茎手術は受けるべきなの?

包茎手術を受けるべきかどうかは自身の気持ちで判断してください。
お伝えしたようにカントン包茎など自分の意思と関係なく手術を受けなくてはいけないケースもあります。

また、真性包茎や重度の仮性包茎などであれば、手術は受けた方が良いでしょう。

その方がデメリットよりもメリットの方が大きいからです。

反面で、中度や軽度の仮性包茎であるのなら手術を受けざるを得ない理由はありません。
大きなコンプレックスになっていないようであれば、無理をして手術をする必要はないでしょう。
包茎手術をすべきかどうかをまとめますと、メリットの方が大きいのは真性包茎と重度の仮性包茎です。

カントン包茎の場合は手術を受けなくてはいけません。
軽度の仮性包茎であれば、手術を受けるかどうかは自分でメリットとデメリットを判断してから受けてみると良いでしょう。
気になるのであれば無料のカウンセリングを利用するのも1つの手段です。

泌尿器と包茎クリニックの違いって?

基本情報
泌尿器科

包茎手術を受ける時の選択肢としては、泌尿器科か専門のクリニックかの2つがあります。 どちらで手術を受ける方が良いのかと悩む人も多いので、ここでは双方のメリットやデメリットを考えてみます。 いずれもメリットとデメリットがあ・・・

ページの先頭へ